ニキビの応急処置と治療費

ニキビの症状

ニキビは誰でも症状が出る肌の病気の1つであり、思春期に特に多くなります。
皮膚病や皮膚疾患と呼ぶほど大袈裟なものではありませんが、悪化することもあります。
そんなニキビの症状としては、まず見た目が普通の肌に比べて脂性肌になるのが特徴です。
皮脂が肌に沈殿することでアクネ菌が繁殖し、肌に白い脂のようなものが増えます。
潰すと中から脂が出てくるもの、それが世間で知られるニキビの症状です。
人によってはかゆくなることもあったり、痛くなることもあったりと症状は十人十色。
さらにニキビを潰すことで肌がボコボコしてしまうこともあり、審美も悪くなります。
思春期にニキビがとても多かった人は、後々までボコボコの肌に悩まされることも多く、人によっては美容皮膚科などで審美目的の手術を受けることもあります。
基本的には皮膚科で治せるのですが、ニキビはホルモンバランスなども深く関係しているため、生活を根本的に改善していくことが必要となるでしょうね。
Continue reading “ニキビの応急処置と治療費”

手の肌が乾燥する時の対応

手の肌が乾燥することはあるの?

手は常に使っている人が多く、手汗などによって一定の潤いを保っています。

しかし、人によっては手の肌が乾燥していて、ボロボロになっている人もいます。

これは育ってきた環境などによっても変わってくるので、一概にいうことはできません。

そのため、手の状態がどうなっているのかを把握しないことには、判断も難しいです。

まず、手が乾燥するということは十分に考えられるので、自分の体質なども含めてどのような状態なのかを確認するようにしてください。

手と手を触れ合わせた時、しっとりとした感覚があれば潤いは十分です。

しかし、肌がさらっとしていて柔らかさが足りないということなら、潤いも足りません。

肌が乾燥するくらいなら人によって多いですが、それを放置すると大変です。

特に手は日常的に使うものなので、常に一定の潤いを持たせるようにしましょう。

手の肌に乾燥が出てしまったら

本来であればしっかりとスキンケアをしていると、肌が乾燥するということはありません。

しかし、環境によってはどうしても乾燥してしまうということもあったりします。

特に水を使う仕事をする人や水を使う家事をする人などは、荒れやすいと言われています。

肌に必要な皮脂まで過剰に洗い流してしまって、肌がカチカチになっている人も。

そんな時には、まずは保湿を意識するようにしましょう。

応急処置としては、スキンケアアイテムを使って手の水分量を多くすることが重要です。

そこでケアと予防法をしっかりしておけば、ある程度肌を守ることができます。

手が乾燥していると何をしても割れたり裂けたりすることが多くなってしまいます。

できれば、乾燥する前にスキンケアによって水分量をコントロールしてください。

皮膚科でスキンケア治療

皮膚科であればスキンケアによる治療を行ってくれるところもあります。

新宿や西新宿にはそれらのスキンケアにも対応する皮膚科があります。

症状が起きてから病院に行くまではもちろん、病院に診てもらった後もケアは重要です。

手の肌が乾燥するなら保湿液などで肌を守る他、馬油などの油でコーティングするという方法もあったりします。

ただ、これらはあくまでも応急処置であり、根本的な解決にはなりません。

そのため、まずは肌を守れるように専門医に相談してください。

スキンケアについてのアドバイスをくれたりする他、薬も処方してくれます。

また、肌への負担を軽減できるよう、日常生活も工夫してみてください。

顔に肌トラブルが出た時の対応

顔に肌トラブルが出ることはあるの?

顔というのはとてもデリケートな部分であり、ちょっとした刺激で肌荒れを起こします。

例えば、洗顔後にタオルでごしごしと拭いている人も多いですよね。

それは普通のことかもしれませんが、実は肌にとっては刺激が強すぎます。

このように毎日の生活の中にも、顔に肌トラブルが起こる原因は多いです。

むしろ顔に肌トラブルが出ることの方が多いのではないでしょうか。

多くの人が悩むニキビやアトピーというのは、そういう肌トラブルの代表格です。

これらが出てしまった時には、まずは適切な予防法とケアを実践することが必要です。

まず、顔の肌トラブルというのは、間違った日常を送っていることが原因となっていることが多いので、そこは日常生活から見直してください。

Continue reading “顔に肌トラブルが出た時の対応”

肌にカビが出た時の対応

肌にカビが生えることはあるの?

肌にカビが生えると聞くと、とても恐ろしいことのように思えるかもしれません。
しかし、実は肌も酸化して錆びますし、カビが生えることもあるのです。
明らかにカビとわかるようなものはほとんど出ることもありませんが、中には肌にカビが付着したまま気づかずにいるという人も多かったりします。
そこは十分に気をつけて観察しなければわからず、素人目で判断することはできません。
皮膚に異変を感じたら、まずは応急処置やケアが必要となってきます。
その対処法を知っておくだけでも、その後の肌の状態が変わってくるはずです。
人によっては気づかずに放置してしまうこともあるので、そこは十分に注意しましょう。
まずはカビが生えることがあるという認識を持ち、肌に異変がないかどうか確認しておき、もしカビが生えているのなら皮膚科の受診も考えておきましょう。
Continue reading “肌にカビが出た時の対応”

足のトラブル

足のトラブル

足に何らかの皮膚トラブルが起こることもあります。
このときにも皮膚科を利用すると適切な診断と治療を受けられますが、病院にすぐ行けない場合、ひとまずどのような応急処置をすればいいのか悩みますよね。
いくつかの足のトラブルについて病院に行くまでにおすすめの対応をご紹介しましょう。
Continue reading “足のトラブル”

肌の悩みについて

肌の悩み

お肌も毎日変化しており、ときには悩みとなるような症状が現れることもあります。
命に関わるような症状ではない場合もありますが、それがお悩みになっている場合、早く治したい方も多いでしょう。
そのような症状にはどう対応するのがいいか、いくつかご紹介しましょう。
Continue reading “肌の悩みについて”

やけどの応急処置

やけどをしたら

熱いものに触れる、熱湯がかかるなどすると患部がやけどします。
これも治療の必要があるお肌の症状となり、皮膚科を受診するといいのですが、やけどした場合はひとまず応急処置が必要となります。
その処置とはすぐに冷やすこと。
流水で患部を冷やしてください。
このような処置が必要なのは、冷やさないと患部に残った熱によってやけどが進行する場合があるためです。
Continue reading “やけどの応急処置”

ハチに刺されたとき

ハチに刺されたときはどうする?

山登りやハイキングなど、アウトドアの趣味を楽しんでいる最中にハチに刺されるという事故が起こることも珍しくはありません。
また、ハチは私たちの生活圏を飛んでいる場合もあり、日常生活の中でハチに刺されることもあります。
ハチは毒をもっていますから、実際に刺されたときは適切な応急処置などしたいですよね。
どんな処置がおすすめなのか、ご紹介します。

安全なところへの移動

ハチに刺されたときの応急処置を行うためにも、まずは安全なところへ移動してください。
刺されたハチから距離を取るのはもちろん、周囲にハチが来ないような場所が近くにあればそちらに移動しましょう。
自宅の庭などで刺された場合など、すぐに室内に入るのがおすすめとなります。
なお、ハチがまだ近くにいるとき、腕を振り回すなどするとハチも興奮してさらに刺してくることもありますから、まず身を低くし、静かにその場を離れるのがコツです。

毒針が残っていないかを確認

ミツバチなどでよくあるのですが、刺されたときの毒針が患部に残っている場合があります。
この残っている針の根元には毒袋がついており、さらに毒が注入される恐れがあるため、なるべく早く取り除けるのが望ましいのです。
このときに気をつけたいのが、毒針の根元をあまり触らないようにすること。
ピンセットや毛抜きなどで針の部分をつまんで取り除くといいです。
指で残っている毒針を抜こうとすると、針の根元の毒袋をつまむ形となりやすく、残っている毒の注入につながりやすくなりますから、注意して取り除いてください。

傷口を水で洗う

ハチに刺された場所を水で洗います。
このときに傷口を絞るようにして洗うといいです。
ハチの毒は水に溶けやすいため、こうすることで毒を少しでも薄めます。
口で吸って毒を吸い出そうとすると、口から毒が吸収される可能性がありますから注意してください。

患部を冷やす

最後に患部を冷やします。
氷や保冷材などあればタオルで包んで患部に押し当てます。
なければ濡れタオルなど使用するといいでしょう。

必要に応じて病院へ行こう

ハチに刺されたときはご紹介したような応急処置を施しつつ、必要に応じて病院を受診してください。
特に呼吸が苦しい、手足が冷たい、意識がもうろうとするなどアナフィラキシーショックの可能性がある症状が出始めたら、救急車の使用も考えてください。
そのような全身の症状ではなく、刺された患部の腫れや痛みといったものだけなら必要に応じて皮膚科を受診すればOKです。

乾燥した肌の治療

お肌の乾燥

お肌の乾燥というとそれほどひどい症状には思えないかもしれませんが、こちらも皮膚科で治療の対象になっている症状となります。
ひどくなるとお肌の赤み、かゆみが出るなど、症状にストレスを感じる場合もあります。
このようなお肌の乾燥が起きたら皮膚科を受診したいところですが、時間のあるときに皮膚科が開いているとは限りませんよね。
病院が閉まっているときなど、受診するまでにはどうしたらいいでしょうか?
Continue reading “乾燥した肌の治療”

皮膚炎治療はどうすればいい?

皮膚炎の治療

皮膚炎とはお肌で炎症が起きている状態となり、かゆみ、湿疹、腫れ、赤みなどの症状が出ることが多いです。
これの治療はどうすればいいでしょうか?
自然に症状がよくなっていくならそのまま患部を刺激しないように回復を待てばいいのですが、なかなか回復しない場合や、症状が強くて回復を待てないときは皮膚科で治療を受けるのが基本です。

病院を受診すると炎症を抑えるための塗り薬や、かゆみを抑えるための飲み薬などを出され、皮膚炎の症状がずいぶんと楽になります。
あかみやかゆみが治まっていき、元通りになることも多いです。
治療を必要とする皮膚炎があればなるべく早く皮膚科を受診してください。

病院で治療を受けるまでの対応

仕事や用事があってすぐ受診できない、土日祝日で病院が閉まっているなど、すぐに病院を受診できない場合もありますよね。
このようなときは治療を受けるまでどう対応すればいいでしょうか?
皮膚炎の対応として患部をあまり触らないこと、特に患部に強いかゆみが出ることもありますが、極力かかないように注意してください。

仮に患部をかくとどうなるかというと、それで症状が改善することはあまりなく、むしろ悪化することが多いです。
病院で治療を受けるまで症状を悪化させないことが大事ですから、できるだけかかないように注意してください。

かゆみが強いときは

しかしかゆみも強くなると我慢するのが難しいことも多いですよね。
このときの対応として、患部を軽く冷やすという対応があります。
患部を温めたときと冷やしたときとで、かゆみが強まりやすいのは温めたときです。
逆に冷やすとかゆみが少し治まります。

病院で治療を受けるまでなるべく症状を悪化させないためにも、かゆみが強いときは濡らしたタオルを当てるなどして患部を冷やすと、少しかゆみが鎮まって楽になります。
ただし冷やしすぎると凍傷になる恐れもあるため、氷や保冷剤を直接患部に当てるといった対応は避けてください。
氷などを使うときはタオルに包むなどしてお肌に直接当てないように注意すること、適度に間隔を開けながら患部を冷やすといった対応が必要です。

悪化に注意しつつ早めの受診を

そのほか、爪を短く切っておく、お風呂で温まりすぎないといった対応を取ると、患部を強くかいて皮膚炎が悪化するというリスクを下げられます。
すぐに皮膚科にかかれないときはこのようにして悪化には注意しつつ、病院へ行けるようになったらなるべく早く受診してください。